牧場紹介(概要)

社名(農)サンエイ牧場
代表者
辻本 正雄
本社所在地
〒089-089-2124
北海道広尾郡大樹町字日方5番地1
TEL. 01558-7-7382
FAX. 01558-7-7384
資本金
693万円
設立
1994年2月
従業員数
34名(理事3名・構成員6名・正社員13名・パート3名・外国人研修生9名) ※関連会社も含む
役員
理事 3名
構成員 6名
課長 8名(構成員を含む)

サンエイ牧場の理念

 私たち職員は、食に関わる者として『安心』『安全』は基より、安定的に供給することが責務と考えます。

 また、環境に配慮した北海道型農業の確立が、今後の国際化の中での競争に打ち勝つためにも必要不可欠と考えます。

 私たちは、農業を通じて地域社会に貢献する・出来る法人になる為にも、足腰の強い経営の確立に努めます。

目指す経営

  • 食糧の『安心』・『安全』・『安定供給』を目指す。
  • 環境に配慮した循環型農業を目指す。
  • 地域社会に貢献できる法人を目指す。
  • 効率を追求し、コスト低減を目指す。


地域の概要

大樹町は十勝管内の南部に位置し、太平洋沿岸に面している。

夏は冷涼、冬は厳寒の気候から、農業者の7割が平均50㌶近い時自給飼料畑を所有する酪農を営んでいる。

当牧場は、大樹町市街より南東10㎞に位置し、地域の土地資源を有効活用した経営を基本としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

発足から現在までのあゆみ

平成6年2月
農事組合法人として設立登記
平成6年5月
バンカーサイロ、160頭フリーストール牛舎建設
平成6年12月
公社営畜産基地建設事業で20Wミルキングパーラー、160頭フリーストール牛舎完成.
乳牛を搬入して搾乳を開始(総頭数388頭・うち経産牛213頭)
平成8年
80頭牛舎(分娩牛・泌乳初期用)建設・甜菜栽培開始。
平成9年5月
3回搾乳制導入。構成員・従業員8名となる。
平成10年
80頭フリーストール牛舎建設
平成11年
120頭フリーストール増築
平成12年
70頭乾乳牛舎建設。自走式ハーベスター導入業務『有限会社 マルチタスク』設立
平成13年
200頭フリーストール牛舎建設
平成14年
哺乳育成部門外部委託
代表 鈴木正喜 就任
平成15年
200頭フリーストール牛舎建設
平成16年
哺乳舎・育成舎・スラリーストアー建設。バンカー3基増設。自走式モアコン導入。HP開設
平成17年
創立10周年記念祝賀会。屋根付き堆肥舎建設。分娩舎増設(クローズアップ増設)
平成18年
若牛舎建設。黒毛和種(繁殖)開始
平成21年
和牛育成舎建設。乾乳舎建設。従業員宿舎建設
平成22年
和牛育成舎建設
平成24年
フリーストール牛舎。バイオガスプラント完成(売電開始)
平成25年
乾乳舎建設
平成26年
創立20周年                                   乾乳牛舎建設。バンカーサイロ2基建設。第二従業員宿舎建設
代表 辻本正雄 就任
平成27年
第二哺乳舎(哺乳ロボット)建設・第二育成舎建設                  ロータリーパーラー・新事務所建設開始
平成28年
ロータリーパーラー・新事務所始動
      

運営の特色(サンエイスタイル)

場内作業及び、従業員の意思疎通を円滑に図るために、サンエイで行っている(大切にしている)こと。

  • 定期理事会の開催・毎朝のミーティングの開催により、構成員・従業員間の意思疎通を図る。
  • 休日の確保。繁栄期を除き4週6休。
  • 諸規定の整備(定款・就業規程・退職規程etc.)
  • 3回搾乳の導入と、早番・遅番による交代制の採用。
  • 各種研修会への積極的参加。                                  また、牧場スタッフの協調・親睦のため、1泊2日の視察研修を行っている(毎年)